E10/13型・P13.5s型両極性 3LED豆電球キットの製作

ご要望の多かった空中配線部分の製作法

難易度:★★★★☆

細かい半田付け箇所があります。
半田付け未経験者にはお勧めできません。
このページはP13.5s型をもとに説明しております。


★お約束★
キットの製作結果・使用の結果に関しては責任を負えません。
自己責任の製作をお願いいたし ます。



1.3本のLEDに10Ωの抵抗を半田付けします。



LED Booster 2P(昇圧基板)には、こちらのページを参考に、お好みの抵抗を取り付けておきます。

LEDの電流のバラツキを調べるために、抵抗を仮組みします。
3本のLEDには、写真のように10Ωの抵抗を直列に取り付けます。
写真では、LEDの+側に抵抗をとりつけています。
(LEDは、足の長い方が+極です。)

後ほど、LED電流を計測します。バラツキがある場合、9.1Ωの抵抗に交換します。

2.LEDと抵抗の足を半田付けしてまとめます。



LED Booster 2P(昇圧基板)の半田付け箇所が1カ所しかないため、LEDと抵抗の足を半田付けしてまとめます。

3.LED Booster 2P(昇圧基板)にとりつけやすいようにLEDの足を曲げておきます。



LED駆動基板に仮組みしながら、LEDと抵抗の足を曲げておきます。

4.LEDの足をLED Booster 2P(昇圧基板)に半田付けします。



写真のように半田付けします。

写真では、LEDの+側に抵抗を取り付けています。
くれぐれも、+と−を間違えないでください。

5.LEDの点灯テストをします。



LED Booster 2P(昇圧回路)の電源端子に、電池をつないでみます。

点灯すればOKです。
1本でも点灯しない場合は、速やかに電池を外し、以下の点を確認してください。

・LEDの極性を間違えていないか
・半田付けの際に、余分な半田がショートしていないか

6.それぞれの抵抗にかかる電圧を測ります。



点灯したら、それぞれの抵抗にかかる電圧を測ります。

この抵抗にかかる電圧を10で割って、V(ボルト)をA(アンペア)単位変換すると、それぞれのLEDに流れる電流値になります。

写真の場合、下記のような電流値になりました。
(1)19.8mA、(2)19.4mA、(3)17.2mA

※LEDにバラツキがあるため、電流値が異なります。

7.抵抗を取り替えて、電流のバラツキを補正します。



電流値の大きなものがある場合は、12Ω、15Ω、20Ωのいずれかの抵抗と交換します。小さいものがある場合は、9.1Ωと交換します。

この製作例では(3)のLEDを9.1Ωに交換します。

交換後、先ほどの手順で電流値を測定します。
ただし、9.1Ωを取り付けたLEDの電流値は、電圧を9.1で割って求めたものになります。他の抵抗の場合も同様に割ってください。

下記のような電流値になりました。
(1)19.6mA、(2)19.3mA、(3)18.0mA
先ほどより、電流値の差が縮まりました。

電流値のバラツキが小さくなるまで、何度か抵抗を交換して試してみてください。

※全く同じ値にならないのは、電池の消耗や温度ドリフトなどがあるためです。

8. 仮止めしたLEDと抵抗を外し、錫めっき線を取り付けます。



3つのLEDを取り付ける必要があるので、錫めっき線を取り付けて、場所を稼ぎます。

LEDと抵抗をばらします。このとき、9.1Ωに変更したLEDに印などを付けて、あとから判るようにしておきます。

9.LEDから抵抗器を外し、錫めっき線に半田付けします。



この辺が最も難しい工程になります。

錫めっき線にLEDから取り外した抵抗を取り付けます。

あまり半田ごてを当てすぎると、錫めっき線の位置がずれますので、気を付けてください。
位置がずれた場合は、根気よく直してください。

コンデンサ(黄土色の部品)など、他の部品に半田がショートしないように気を付けてください。

10.残り1本の抵抗も半田付けします。



この辺が最も難しい工程になります。

3つ目の抵抗は、少し難しいですが下側の錫めっき線から引き出します。

上側の余分な錫めっき線は切り落とします。

11.LEDを半田付けします。(+と−に気を付けて!)



この辺が最も難しい工程になります。

取り付けるLEDは、足を短めに切っておきます。

上の写真を参考に、基板側とLED側の+と−を合わせて半田付けします。

LEDの+と−が判らなくなったときは、LED内部のアルミ構造の小さい方が+です。このページを参考にしてください。

12.全てのLEDを取り付けます。



この辺が最も難しい工程になります。

3つのLEDが三角形に密集する様子をイメージしながら、3角形の中心が基板の中心に来るように半田付けします。

13.LEDの向きに間違いがないか、ショートしていないか、確認します。



点灯テスト前に、LEDの向きや半田のショートがないかよく確認してください。

基板に通電して、点灯テストします。

点灯しないLEDがあったり、基板が熱を持っている場合は、直ちに通電をやめ、点検・修理してください。

14.点灯テストがうまくいったら、口金に内蔵してできあがりです。

口金に内蔵する手順は、このページを参考にしてください。

LEDを隙間なく密集させた場合でも、懐中電灯に収まりにくい場合があります。その場合は、LEDを一度に入れようとせず、口金を傾けながら、1個ずつ通すようにするとうまくいく場合があります。
それでも入りにくい場合は、LEDのツバを少し削ってください。