サーボモーターキットの製作

難易度:★★☆☆☆

★お約束★
キットの製作結果・使用の結果に関しては責任を負えません。
自己責任の製作をお願いいたします。



1.製作前に足りないものがないか確認してください。



製作前に、足りないものがないか確認してください。

サーボホーンは別売りです。

プラスチックギアは、モーターの動力が伝わっていく順番に、1〜4番の番号を付けています。形はどれも違いますので、確認してください。

2.本体ケースに基板を差し込みます。



写真を参考に、まん中の本体ケースに基板をしっかりと差し込んでください。

ケーブル根本のゴムを、本体ケースの切り欠きにしっかりはめるようにします。

3.1番歯車を乗せます。



本体ケースを裏返して、1番歯車を乗せます。

4.2番歯車とシャフトを取り付けます。



長い方のシャフトを、1番歯車を通して本体ケースに差し込みます。

短い方のシャフトと2番歯車も、同様に取り付けます。

ボリュームをまん中の位置に直しておきます。
まん中の位置とは、左に回しきった角度と右に回しきった角度のまん中になります。写真のように、本体の長さ方向に平行になるはずです。

5.4番歯車と3番歯車を取り付けます。



4番歯車を取り付けます。4番歯車にはストッパー(出っ張った部分)が付いており、これが外側に向くように取り付けます。

3番歯車を取り付けます。4番歯車のストッパーが3番歯車にあたる場合は、4番歯車の角度がおかしいです。

最終的に写真のようになればOKです。

6.上下の本体ケースを取り付けます。



上下の本体ケースを取り付けます。

7.ネジを締め、サーボホーンを取り付けます。



ネジを締め、サーボホーンを取り付けます。

この状態で、試運転をしてみて下さい。

サーボホーンは、別売りです。

8.グリスを塗ります。

試運転が終わったら、グリスをつけてください。

もう一度組み立てた後、しばらく運転して、飛び散ったグリスを拭いてください。