光るペットボトル風車キットの製作

難易度:★☆☆☆☆

★お約束★
キットの製作結果・使用の結果に関しては責任を負えません。
自己責任の製作をお願いいたします。



1.製作前にキットの内容物の確認と、使用する道具をそろえます。。



製作前に、足りないものがないか確認してください。

【内容物】
モーター 1個
両面テープ付き歯車 1個
超高輝度LED 1本

【必要な道具】
ペットボトル
カッター
はさみ
フェルトペン

2.切り込みを入れます。



写真のように、カッターで切り込みを入れます。

※危険ですので、十分に気を付けてください。

3.はさみで切断します。



切り込みを入れた後は、はさみで切断します。
切断後は写真のようになります。

4.フェルトペンでマーキングします。



写真のように、羽根にする部分に切り込みを入れる為のマーキングをします。
写真では8枚羽根用にマーキングしましたが、お好みで羽根の数を変えてください。

5.マーキング部分の切り込みを入れます。



フェルトペンでマーキングした部分を切ります。

6. ペットボトルの羽根になる部分を曲げます。



羽根になる部分を曲げる際に、水平に曲げてもプロペラにはなりません。
角度をつけて、向かって時計回り(右回転)になるように右にねじるように曲げます。

7.両面テープ付き歯車を取り付けます。



ペットボトルのフタの部分に、付属の両面テープ付き歯車を取り付けます。
剥離紙を剥がしてペットボトルのフタに曲がらないように貼り付けます。

8.モーターを取り付けます。



歯車の真ん中にある穴にモーターを取り付けます。

9.LEDを取り付けます。



モーターの後ろ側にある端子にLEDを取り付けます。
赤く色が付いている方に、LEDの足の短い方を、足の長い方は反対側の端子に取り付けます。
写真では上側に赤い印があるので、LEDの足の短い方は上の端子に、足の長い方は下の端子に取り付けています。

10.LEDの足を曲げます。



端子に通したLEDの足を、写真のように曲げます。
はずれたりしないように、しっかりと取り付けて下さい。

※LEDの足が手に刺さらないように十分気を付けて下さい。

11.LEDが見えるように曲げます。



写真のように、プロペラ側からLEDが見えるように曲げます。

12.できあがり。



プロペラに息を吹きかけてみましょう。
写真のようにLEDが光れば成功です。

※プロペラが回っても光らない場合は、回転数が足りない・プロペラの回転方向・LEDの向きが逆になっている等が考えられます。
※本キットは防水仕様ではありませんので、濡れる場所での使用はしないでください。